ユーザーズコンテンツサーチは口コミサイト以外にも使えるのか?

ユーザーコンテンツサーチを使うにあたって、「このツールは口コミサイト作成以外には使えないのですか?」という質問が来たのでお答えします。

 

例えば情報商材、アフィリエイト教材の販売、他にもアダルトなんかに使えないのか?ということですが、やり方によっては十分使えるのではないか?と思ったのでその方法を書こうと思います。

 

もちろん、基本的には物販商品をこのツールを使って紹介した方が成果がでると思うのですが・・・。

 

f:id:nihongo1000:20150806105223g:plain

 

ユーザーズコンテンツサーチの知恵袋リサーチを使おう!

例えば、ユーザーコンテンツサーチを使って、情報商材を売ろうとする場合、お悩み気ワードとその回答の内容をヤフー知恵袋の単体検索でチェックしてみます。

 

f:id:nihongo1000:20150813093546j:plain

 

こんな感じですね。これでアフィリエイト関係のキーワードを抜き出してみましょう!

 

f:id:nihongo1000:20150813093950j:plain

 

すると結構アフィリエイト関係のキーワードもヤフー知恵袋に落ちてます。

 

・アフィリエイト+大学+マーケティング

・アフィリエイト+コンビニ+どちらが稼げる

・アフィリエイト+手っ取り早く稼ぐ

 

このような新着キーワードですね。こういうキーワードを中心にブログを作り上げて行けば、アフィリエイトに興味を持つ方が集まるわけですから、そこでリストを取っても良いわけですし、また情報商材やツールを紹介して稼ぐということもできるとおもいますよ?

 

ユーザーズコンテンツサーチ情報商材販売には最適なツール

実際に情報商材に興味を持っていながらも、業界に悪いイメージを持っている方は沢山いるし、詐欺商材も含まれているのは事実です。

 

私も別のブログでは散々毒舌で叩いてますからね(>_<)でも、このジャンルはアフィリエイト成果承認率がほぼ100%ですし、インフォトップの教材は売りやすいと思ってます。

 

だた、自分がどんな情報を発信して行けば、情報ジャンルで稼げるようになるのか?分からない人が多いです。だから勝手に自己啓発的な文章を書いてアクセスを集めようと躍起になるわけですが・・・。

 

これって自分の思い込みだけで市場とマッチしていないんですよ

 

f:id:nihongo1000:20150813095016j:plain

 

でも、どうですか?ヤフー知恵袋のリサーチをすると「なぜ本当に稼げる情報を教えるのか?」という誰でも抱く疑問が投稿されてますね?

 

ということは「稼げる情報をなぜ無料で教えるのか?」というテーマタイトルのブログを作り上げて、後はそれにきちんと答えて納得してもらえれば、きっと商品を買ってくれると思いますよ!

 

私はアフィエイトの場合は情報商材というよりもユーザーコンテンツサーチのようなツールに投資の重点をおいて効率化を図れば良いと思っています。

 

情報は結構本屋でも手に入るのですが、このようなツールはPCに組み込むので書店では絶対に手に入らないですからね。

 

できるところは効率化した方が時間の節約になりますし、その節約できた時間を記事に投資して資産化すれば、1年単位で見た時にものすごく大きな差になって跳ね返ってくると思いますよ!!